財布

クレジットカードは旅行の時におすすめ┃現地の通貨が手に入る

用途の幅広さが魅力

クレジットカード

手元にお金がなくて困っているときに重宝するのがキャッシングです。もともと小口専用の融資でしたが、今は高額にも対応しており車や住宅取得の頭金として利用する方もいるほどです。キャッシングが評価される理由は、用途が原則として自由なことがあげられます。一部対応していない用途もありますが、生活資金なら原則として何に使用してもOKです。用途欄に生活資金と記載されているなら、家賃の支払い、食費代、公共料金代、趣味・娯楽費用など、実に幅広い利用が可能です。高額ローンとしても利用できますが、キャッシングは金利が高めに設定されているので、小口用としての利用が適しています。借入する前に短期間で返済するプランを立てておき、利息を極力抑えていきましょう。

キャッシングの多くは専用カードで借りるタイプなので、非常に便利で使いやすいです。ただ便利なことは大きなメリットですが、借りすぎというリスクがあることも覚えておきましょう。借りすぎないためのコツとしては、限度額の少ないキャッシングに申し込むという手があります。最高50万円などと限度額が少なく抑えられているローンならば、借りすぎの利息は抑えられます。そもそも借りすぎる原因はシンプルであり、追加融資を受けてしまうからです。キャッシングは利用枠内なら、繰り返し利用できる便利さがありますが、追加で借りるたびに債務は膨らんでいきます。借りすぎないためには、1回に借りる金額の上限を決めておくこと、追加で借りる場合は前回分の借入を完済することを徹底しましょう。